Blog&column
ブログ・コラム

不動産売買の流れ

query_builder 2022/05/15
コラム
34
不動産売買の流れはどのように行われるのかご存じでしょうか。
今回は不動産の流れを紹介したいと思います。

▼不動産売買について
不動産の売買は売主と買主に分けて見ていきましょう。

■売主の場合
売却の流れは大きく分けて3つです。

【不動産会社への相談・査定】
不動産の売却をするさい、不動産会社に媒介を依頼する方がほとんどです。
売主と買主の取引を、円滑に進めてくれるための仲介役です。
また売却したい不動産を査定してもらうことで、相場などが把握できます。

【媒介契約締結、売却活動】
不動産の査定は、複数の会社に依頼しましょう。
査定額や自分と相性の良い不動産会社が見つかったら媒介契約を締結し、売却活動をします。

【売買契約~決済・引き渡し】
買主が決まったら、売買契約の締結をします。
不動産会社が売買契約書を作成し、宅地建物取引士の記名押印がなされます。
さまざまな手続きが完了すると、決済が行われ不動産の引渡しを行います。

■買主の場合
買主の場合、購入したい不動産が見つかった場合買主にとって安全な取引であるかの確認をする必要があります。
契約内容をしっかりと確認して、契約を結びましょう。
また、ローンで購入する場合には先に返済計画のめどをたてておく必要があります。
手付金を支払った後でローンが組めないといったトラブルも考えられるため、どのくらい借り入れが可能か知っておくことが大切です。

▼まとめ
不動産の売買には、どちらも契約書などの書面でのやりとりはとても重要になってきます。
どちらかが損をしないために、しっかりと契約書を交わしきちんと把握しましょう。
不動産の売却は、信頼できる不動産に依頼することがおすすめです。

NEW

  • 【アパマンショップJR久留米店】久留米市 新築 学生マンション

    query_builder 2021/11/19
  • 久留米の初期安物件をお探しの方へ!単身様応援キャンペーン実施中!

    query_builder 2021/11/19
  • 不動産売買契約書について

    query_builder 2022/06/15
  • 不動産売買の仲介とは

    query_builder 2022/06/01

CATEGORY

ARCHIVE